「ダイアライフ」で、透析しながら心も元気に。

透析を受けている方にとって治療は精神的にも肉体的にも辛く、大きな重荷。
もし、透析治療中にワクワクする体験や自分のためになる情報を手に入れることができたら、楽しく有意義に時間を過ごすことができるはず・・。
そう考えて開発したのが、情報技術(IT)で透析生活を支援する「ダイアライフ」です。
「ダイアライフ」は、透析中にタブレット端末を使用して検査結果などの医療データや、食事・リハビリに関すること、患者会情報などの確認をはじめ、患者同士のコミュニケーションツールとしての活用、さらに映画や電子書籍などのインターネットコンテンツを楽しめるシステムで、透析を受けている患者さまをより豊かな人生へと導くもの。
また、医療現場の皆さまには患者さまと情報を共有し、楽しみを提供することで透析治療の質を上げ、患者満足度の向上を図ることができます。
「ダイアライフ」は、透析の患者さまとその周りまで元気にする新しいサービスです。

「ダイアライフ」への思い

人工透析を受ける患者である私自身が、その体験を通して開発したのが「ダイアライフ」です。人工透析の治療は週3回4~5時間病院に拘束され、将来の不安や周りの人への影響を考え、落ち込むことがありました。その中で、これからの生き方を考えた時、私の目的は「人を元気にすることだ」と一念発起し、開発に取り組みました。
透析治療中に楽しく簡単に取り組めるタブレット端末を活用したシステムは透析患者の生き方を変える日本初のソリューションであり、この事業は私自身の使命だと確信しています。

前田代表写真

株式会社さうすウェーブ
代表取締役 前田 憲

透析中をこんなに有意義に過ごせます ダイアライフをおススメする3つのポイント

1.医療関連データの共有、病院からのお知らせを確認できます。

イメージ写真

病院での診療・検査・薬・食などのデータや、病院からのお知らせなどを簡単な操作で確認することができます。もちろん個々の情報は万全なセキュリティによって守られ、安全に管理されます。

2.タブレットだから透析を受けながら無理なく使用することができます。

イメージ写真

軽く持ち運びに便利なタブレットなので透析を邪魔することなく、ベッドの上でもスムーズな操作が可能で、気軽に楽しめます。

3.インターネット・映画観賞・動画・読書・ゲームなどお楽しみコンテンツ満載。

イメージ写真

話題の映画や本など、さまざまなコンテンツの中から、興味のあるものを選びだし、楽しみながら充実した時間が過ごせます。